FC2ブログ
ただ今、療養中の女の子。日々感じたこと、日常生活などについて書いています。病気に負けないように頑張ります♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
分からなくなること
2010-09-17 Fri 22:40
お久し振りです。


今週も3日間の連続勤務を終えました。
週3日のお仕事を始めたばかりの頃はあまり自覚はありませんでしたが、正直なところ本当はしんどいのかなと

それに、昨日は薬剤師さんたちに迷惑をかけて叱られてしまいました

いつまでも思い出していてもいいことなんてないので、ここには書きませんが・・・・。


あ、でも落ち込んではいないので大丈夫です

学生時代までの自分のことを思うと、今の私は全然違っていて、我ながら成長したかなぁと思います。

当時はちょっとしたことでつまづいては落ち込み、引き摺りすぎて高校や大学を休んでしまうほどだったから


何が私を変えてくれたのか、はっきりとは分かりませんが、一つ考えられるのは彼の存在が大きく関係していると思います

今日はお仕事はなかったけれど、病院のデイケアセンターに行って来ました。

やっぱり、昨日までのお仕事の疲れが出ていて、遅刻して行って帰りは早退してしまいました


でも、今日そこで彼と会って、彼に傍にいてもらうことが多かったので、とても救われる思いでした。



きっと、彼がいてくれなかったら・・・・。私は、今のお仕事をすぐにでも辞めてしまっていると思います。

学生時代の自分のように、家に帰ったら部屋でシクシク泣いてばかりで、ご飯も食べられないくらいになってるんじゃないかと


話は少し戻って、病院のデイケアから帰って彼と電話でお話する時に、愚痴について話し合いました。


私は愚痴を言うことも聞くことも、あまり好きではありません

愚痴をこぼすことで気持ちがいくらか晴れることがあっても、それではいつまでも前に進んで行けそうにないと思えるからです・・・・。

実際に私が過去に愚痴を誰かに聞いてもらったことがあったけれど、お互いに良い気分になることはありませんでした。

愚痴を聞くことも好きではないと言いましたが、嫌いとか苦手とかいうのではありません。
愚痴を言う相手に対して聞くことしか出来ないのなら、少しでも相手の人の道が拓けることを願って、助言をした方がいいのかなと思ってしまうのです。

でも、相手の人が愚痴を聞いてもらうことで気持ちが救われるというのなら、アドバイスするよりもずっといいということだってあるんですよね・・・・。



私には、なんだか難しいことのように思えます。

彼は、愚痴によって気持ちが落ち着くタイプのようです。
でも私はそうではなく、自分を否定されることがあってもいいからアドバイスを受けたい、若しくは相手に助言した方がいいと考えてしまいます。



いつだったか、私がお仕事のことで行き詰りそうになった時があって、その日は彼にちょっとだけ悩み事として漏らしたことがあったのです。

すると彼は、私の悩み事を聞くことが出来て少し安心したと言いました。



私にはどういうことなのかよく分かりませんでした。

だって、その時はちゃんとお仕事を続けていくことが出来るのかなとか、よく分からないけど不安に思っているんだよとか、後ろ向きなことばかり考えていたから


私は、愚痴をつい彼の前でこぼしてしまって恥ずかしいとさえ思ったくらいでしたが、彼は不安がる私を全身で受け止めようとしてくれたのかなと今になって思います。





毎日をなんとなく過ごしているだけでも、誰かに助けてもらいたいと思うことだって出てくるんですよね。

小さな悩みから大きな悩みまで・・・・。
漠然とした不安だって出てくる。


過去の私は、その度に怯えていました。

でも、今は彼が傍にいてくれている。


とっても心強いです



私は疲れれば疲れるほど彼の前では強がってしまうきらいがあるみたいですが・・・・

彼にあんまり弱いところは見てほしくないから


だけど、私が弱ってしまったら彼の優しさに包まれていたいと思ってしまいます。


ちょっと、天邪鬼かもしれないです



とにかく明日は彼と再び会う予定でいますので、その時はまたいい子いい子してもらおうっと。

イヤなこと全部忘れてしまうくらいに、めいっぱい撫でてもらうんだから。



覚悟しててよ







今日のランキング応援お願いしまぁ~す!



彼の前だと分からなくなることはまだまだたくさんあります。でも、2年以上も彼と一緒に歩んで来れました。もうすぐ2年半です。分からないことがいっぱいあっても、彼のことを好きでいる気持ちはこれからも持ち続けていたいです。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<再び依頼絵 | 雪色の気持ち | 秋に向けて>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 雪色の気持ち |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。