FC2ブログ
ただ今、療養中の女の子。日々感じたこと、日常生活などについて書いています。病気に負けないように頑張ります♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
風邪を引いて思ったこと
2010-10-25 Mon 22:49
先にも書きましたが、私は風邪を引いています。

特に咳がひどくて、声も変わっちゃうくらい

こんな時は体調だけではなく、気分も滅入っちゃいますね


風邪を引いたことでまた彼に心配かけちゃいました・・・・。いつもいつもゴメンね


彼は、私が風邪を引いたことを知ると、メールや電話で「大丈夫?」という感じに連絡をしてきてくれました。

それは既に先週のことなのですが、私が風邪を引き始めた初日は彼がどうしても会うことが出来ないと言って、ケータイでのやり取りをすることになりました。

そして、その次の日には私の大好物のプリンやケーキ、コンビニのおでんも買ってお見舞いに来てくれたのです。



彼は私の家にあまり長いこといなかったのですが、風邪気味の私を優しく抱き締めてくれたりいい子いい子してくれたりしました。


本当はいつもみたいに彼に思いっきり甘えたかったです・・・・。

でも、彼にまで移しちゃったら良くないからと思って横になることの方が多かったです。



風邪を引くと、良くなるまでずっと安静にしていなくてはならないから、一日中ベッドに横になる時間が長くなりますね。

それも結構つらいことだなぁと思いました


今日は私と彼との間でだけ交換している日記を書きました。


一日安静にしているといろいろと考え込んじゃうから、日記に発散するような形になっちゃったけど


日記に書いたことは、私も彼も、同じ病気なんだということ。

同じ心の病だけど、会話をしてもひと目見ただけでも、私たちがそういう病気だって分からないというようなことをよく言われます。

それほど、私たちの症状は軽いのだと思いたいのですが・・・・。


でも、私たちはその病気にならなければ絶対に会うことはなかったんだなぁと思うのです。

その病気で、同じ病院で出会わなければ、絶対に・・・・。



何かが重なり合った結果、私たちは出会うことが出来たんだろうな。

その時、その場所、何が、どうして、どうなって、結果私たちが出会ったのかって考えると不思議で仕方なくなる時もあります。


生まれ落ちた国、土地、時代・・・・。

どこでどんな時、自分が生まれてもおかしくないのに、こうして彼と深いつながりを持って生きている。


本当なら、こんな病気になりたくなかったと思います。
でも、それがすごい確率で彼との出会いをもたらしたとも言えるんです。

もし2人が心身ともに健康でお互いに自立できるほどの力を持っていて、その後も2人だけで歩んでいけたら、どんなに理想的だろうと思います。

だけど、私たちにはそれが難しくて・・・・。



難しいことだらけで、よく悩むこともします。

直接的に死に結びつくような病気ではないけれど、苦しい時があります・・・・。


今は思うように物事が進められないけれど、私を一番に理解してくれる彼との出会いは・・・・。







きっと、病を受容していくための大きな力になっているんだと・・・・。







心の病気になったことは何かの確率でなってしまったのかもしれませんが、それによって彼と出会うことも出来ました。彼や、彼にまつわる全てのことは、病気になった自分自身に打ち勝つ要素だと思っています。

考えすぎで笑われてしまうかもしれませんが、そう思えることも不思議ではないと私は思います。




彼との歩みは、これからも絶やさずに続けていきたいです。

病気に負けないように、お互いがお互いを必要として、支え合いながら。



そんなことを思った風邪引きの日々でした。





ランキング応援お願いしますね



病気には、負けたくないよ。強くなるのも大事だけど、時には彼の支えも欲しい。彼も私を必要とするなら、私は全力で彼を助けたい。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<くすぐったいこと | 雪色の気持ち | 三兄妹たち♥>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 雪色の気持ち |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。